急に立ち止まってしまった。

急に立ち止まった理由

前回のブログから約1か月の間、私は起業に対する意欲を失ってしまっていました。なぜなら楽しくなかったからですし、やる気もでませんでした。その事について少し考えてみようと思います。いくつか出来事がありました。

  1. フリーの仕事のトラブルで、仕事をしたのに報酬をもらえなかった事
  2. 本業の仕事の量が増えたので、フリーの仕事にかける時間が減っていった
  3. 趣味のマラソンで目標よりも1時間も遅いタイムでゴールしてしまった

総合的にやる気が失せてしまったのはこの3つの理由ですかね?ではまず最初の項目から見ていきましょう

フリーの仕事のトラブル

前回のランサーズの仕事でしっかりとした仕様と計画及び見積もりを出し、契約をしたのに報酬がもらえませんでした。これはランサーズの規約違反だったのですが運営側は何もしてはくれませんでした。8月にサイト外取引の際には介入してくれたのですが、今回はダメでした。基本的には契約は発注者と作業者の契約で成立します。そのため、介入はしないという事なんでしょう。ただ、契約のやり方自体は間違っていなかったので、契約通りの費用請求をして訴訟になったとしても勝てるくらいのやりとりの証拠はありました。そのため、費用をもらわないという通知をして引くべきではなかったのだと思います。いくら技術的に向上したとしても、やったことに対しての対価が支払われなかった事や、発注者側が知らん顔してのうのうと生きている状況に嫌気が差しました。こんなことはフリーの世界ではよくある事だと聞きますが、だとすると色々と間違っている事は多いんだと勝手に思ってしまったのですね。フリーランスといっても、事業を作り出す側に回らないと、会社員やバイトと変わりません。結局発注者側の言いなりになるしかないので、このフリーの仕事の取り方は困ったときのバイトや趣味やある技術の向上に使用するのが良い使い道であることが分かりました。

本業の仕事が増えた

9月くらいまではコロナの影響もあって、全然本業の発注量が増えてきませんでした。会社のデモ・コンテンツ作成を行っていましたが、それほど多くの仕事量ではありませんでした。しかし、9月の中旬から雲行きが変わってきました。世間ではエンターテイメント系の仕事が増えてきたんですね。そのため、会社のエンターテイメント系の人員が当初予定していたコンテンツ制作の仕事ができなくなったとのことで、私に仕事が回ってきました。ちょっとだけかな?と思っていましたが、次から次へと来るんです。

  1. 医療系の検査シミュレーション
  2. 医療系の看護シミュレーション
  3. 表情の数値化と可視化
  4. メタバースの空間とアバター作成
  5. Photogrammetry利用のコンテンツ作成
  6. 食事を紹介するテーブル上の映像作成

なるほど?何か増えていってない?気がつけば、結構な量を受け付けています。他から回ってきた仕事でしたが、ある程度基本設計もできている段階で回ってきました。本当に良かったんでしょうかね?自分の場合にはある程度やった仕事は手放すのは苦しいのですが、今までやっていた人は何も感じなかったようです。ちょっと残念です。難しい仕事は多いですが、受けた仕事は最後までやりたいものです。

趣味での落胆

11月にちばアクアラインマラソン2022を走った時のことでした。リアルな大会は2年前に走ったのが最後だったので、少しは進歩していると思っていました。10Kmのタイムもハーフも結構早く走れる様になっていたので、自分に期待していたんです。でも、惨敗。20km付近から両脚が攣ってしまい、完走するのが精いっぱい。予想記録よりも1時間も遅いタイムでゴールしました。久々に走ったマラソンで完走できたので良かったのですが、何か長いことやってきたのにこんなもんかと落胆してしまったのです。いろいろと忙しくなってくると、こんな小さな落胆も、立ち止まるブレーキに大きく力を加えることになるんですね。

これからどうしていこう?

結局、ここに帰ってきます。「これからどうしよう?」起業の本を読んでいてもいくつか要因が重なると起業をやめてしまう人が多いそうです。良く分かりました。こんな感じなんだなって。そして私のように本業もあって、副業で覆面起業を考えていると言い訳になってしまうんですね。今日、このブログからもう一度やり直してみましょう。いい機会は自分で作らないといけませんね。技術的にはだいぶ進んだので、またホームページに載せられるものでも作って、起業用の商品作成でもしますかね?本腰入らないとどうにも進めないので、一つに絞る意味で2足の草鞋を止めろという人が多いんでしょうね?

まぁいいです。無理しないつもりだったので、無理せず焦らずに続けてみます。